スキー板への汚れの落し方・簡易ワックスの塗り方・ポイント・注意点を説明します。

新規会員登録で300ptプレゼント

ログイン

パスワードを忘れた方

いつ発送?

一緒買い
スキーチューンナップ
プラスノースキー
ロイシュ
バイザー付きヘルメット
送料無料
在庫処分コーナー
goretex_jacket
アウトレットワックス
2016技術選DVD
goretex_jacket
レース用品在庫処分
ハイクモード・ウォークモードブーツ
DVDスキー
アンダーアーマー
サロモンxmaxxpro
supershap
curv
charger
sx
sx
最近UPした商品はこちら
kidsjr

ジュニア・キッズ

フェイスブック
マックアース

TOPページ > スキー板の選び方 > スキーのお手入れ・メンテナンス > 簡易ワックスの方法

スキーのお手入れ方法

簡易ワックスのページへ

簡易ワックスの方法

1.滑走終了後のスキー板・ビンディングについている雪や水はよく拭いておく。

2.作業台に板を固定する。ブレーキはスキーバンド・輪ゴム等で固定しておく。



テーブルやスキーバイスがない場合、部屋の角に立てかける

3.滑走面の汚れをリムーバーもしくはブラシで綺麗に取り除く

滑走面の汚れを落とさずにワックスを塗るのは汚れた車にそのままの状態でワックスを塗るようなものです。

滑走面の汚れ落としはリムーバーかブラッシングかどちらかで大丈夫です。両方する必要はありません。

リムーバーをスプレーし、ティッシュなどで軽くふき取ります

ブロンズブラシで滑走面の汚れを落とし、ぬれぶきんなどで軽くふき取ります。ブラシはトップからテールへ向かってかけます

4.簡易ワックスを滑走面に塗ります。

液体・ペーストの簡易ワックスは付属のスポンジで、
固形の簡易ワックスの場合はコルクでのばします。

5.さらにもうひと手間!滑走面に残ったワックスをブラシで取り除くとなお良し!

ナイロンブラシで滑走面に残った余分なワックスを取り除く為と
滑走面に残ったワックスに汚れが付着するのを防ぐ為。