シーズン終了後のスキーのお手入れ・保管方法についてのポイントと注意点を説明します。

新規会員登録で300ptプレゼント

ログイン

パスワードを忘れた方

いつ発送?

リフト券のウィンタープラス

ジュニア・キッズ

フェイスブック
マックアース

TOPページ > スキー板の選び方 > スキーのお手入れ・メンテナンス > シーズン終了後のスキーお手入れ・保管方法

スキーのお手入れ方法

シーズン終了後のスキーのお手入れ - 1・チューンナップショップへ

シーズン終了後にはスキーをチューンナップショップへお持ち頂くのが一番オススメです。

特にエッジや滑走面に傷などがある場合はチューンナップショップへお持込頂くことをお奨めいたします。
チューンナップより戻ってきたら、 湿気の少ない場所で保管して下さい。
湿気の多い場所はエッジが錆びるので注意!

シーズン終了後のスキーのお手入れ - 2・ホットワクシングを施す

1.ホットワクシングをする前にエッジにサビ止め・もしくは簡易ワックスを塗っておく。
ホットワックスの前に、エッジにサビ止め・もしくは簡易ワックスを塗っておく。
滑走面のエッジはワックスが塗れるのですが、サイドのエッジは塗りにくいので予め塗っておきます 。

2.ホットワクシング

簡単なホットワクシングの方法の手順1〜7までを施します。
この状態(ワックスを滑走面に塗り、削り落とさない状態)で湿気の少ないところに保管する。
湿気の多い場所はエッジが錆びるので注意!

シーズン終了後のスキーのお手入れ - 3・簡易ワックスを塗っておく

あまり手間をかけたくない方にお奨め・簡易ワックス

簡易ワックスの方法の手順1〜4までを施します。
サイドのエッジにも、簡易ワックスを塗っておく。
この状態(ワックスを剥がさずに)で湿気の少ないところに保管する
湿気の多い場所はエッジが錆びるので注意!