ファットスキーの選び方

ファットスキー板の選び方

ファットスキーとは?
新雪など非圧雪斜面を滑りやすくする為、スキー板のセンター幅が通常よりも太くなったものを言います。
ファットスキー選びではセンター幅や長さで迷われている方が多いのではないのでしょうか? こちらのページではスキー初心者、ビギナーの方から中級者の方を対象に分かりやすくファットスキー選び方を解説していきます。

ファットスキー板の選び方のポイント

嗜好・目的
スキー場や使用目的にあったスキー板のサイズ・センター幅を選ぶ

スキー板が長く幅が広いほど浮力強く、深い雪でもスキーが沈まずに気持ちよく滑れますが、 長く幅が広いほど、まったりとした乗り味になってくるので、スキー場や使用目的に合った スキー板のサイズ・センター幅を選ぶことが重要になります。

■パウダーメインのスキー

パウダーメインのスキー板

腰まであるような新雪を滑る場合は、センター幅110~130mmくらいの太さがオススメ!

■「パウダーをメインで滑りたい!」 場合のスキー板のサイズ:
★センター幅:110mm~130mm
長いほど浮力が強く深い雪にも対応できますが、 障害物が多いスキー場やスキー操作に自信のない方は165cm~175cmくらいがオススメです。 障害物が少ないゲレンデやスキー操作に自信のある方は185cm以上のスキーがオススメです。

■パウダーと一般ゲレンデのスキー

パウダーと一般ゲレンデのスキー板

パウダーが好きだけど一般ゲレンデも滑る方にはセンター幅が90~110mmがオススメ!

■「パウダーと一般ゲレンデの両方滑りたい!」 場合のスキー板のサイズ
★センター幅:90~110mm
長すぎると一般ゲレンデで使用する際に反応が鈍く、扱いづらいので身長+10cmくらいがオススメです。

■一般ゲレンデメインのパウダースキー

一般ゲレンデがメインでパウダーも滑るスキー板

一般ゲレンデがメインでコース脇の新雪などスキー場全部を楽しみたい方にはセンター幅80~90mmくらいがオススメ!

■「一般ゲレンデメインでパウダーも少し滑りたい!」 場合のスキー板のサイズ
★センター幅:80~90mm
小回リ、大回り、パウダーとオールラウンドに扱うには、身長とおなじくらいから-10cm以内ほどがオススメです。

現在登録されている商品はありません。