ロッカースキーとは


2010/2011モデル頃からロッカースキーという言葉をスキー雑誌やHPで見かけるようになったと思いますが、 実際、ロッカースキーって何?
今までのスキーと何が違うのでしょうか?

キャンバースキー

キャンバースキー

通常のスキーはキャンバースキーといって平らな所に置くとセンター部が地面から少し浮き、かまぼこ状に曲げがつけてあります。

■メリット
スキーの両端に圧をかけ易く、雪面を押さえてくれるのでエッジグリップがよく、スキーのたわみも使いやすい。

■デメリット
あまりスキーを倒さなくてもエッジがすぐに入るので、ひっかかり易い場合がある。

ロッカースキー

ロッカースキー

ロッカースキーは、センター部の浮きがなく、トップとテールが反っていてロッキングチェアの脚のような形状になります。

■メリット
ロッカーは、接雪面が少ないので短いスキー板を履いた時のように扱い易く、新雪や悪雪でも板が浮いて滑りやすい。

■デメリット
直進での安定感、スピードを出した時の安定感がキャンバースキーに比べ劣る。

TYPE 1 初心者の方や、高齢者、ブランクのある方向けスキー板

ロッカースキー

PRODUCT

SALOMON : ツイン・ロッカー
VOLKL : チップ(トップ)&テールロッカー
k2 : キャッチフリーロッカー

足元だけキャンバー形状を残し、トップとテールをロッカー形状にすることにより、 短いスキーと同じようにラクで扱いやすいスキー板になります。
ロッカー形状のスキー板はスキー板が反っているので、接雪面部分が少ないですが、 しっかりとスキー板を傾けてエッジを立てれば、スキー板の長さと同じだけの長さのエッジを使えて 高い安定感を得られます。
また、エッジの掛かり方もゆっくりになるので、マイルドで扱いやすいスキーになります。
これからスキーを始める初心者の方や、高齢者向けの方、長い間スキーをやっていなかったがまた始めたい方にオススメ。 とにかく、ターンがラクで操作がしやすいです。

TYPE 2 中・上級者向けのスキー板

ロッカースキー

PRODUCT

SALOMON : カーブロッカー
VOLKL : チップ(トップ)ロッカー
k2 : スピードロッカー

足元だけキャンバー形状を残しトップのみロッカー形状にすることで、 ターンの導入を入りやすくし、スキー板の加速性能を損いません。
ロッカー形状のスキー板はスキー板が反っているので、接雪面部分が少ないですが、しっかりとスキー板を傾けてエッジを立てれば、スキー板の長さと同じだけの長さのエッジを使えて高い安定感を得られるスキーになります。

現在登録されている商品はありません。