ストックの選び方

スキーのストック選びで悩むのは「どのモデルにするか?」「長さは?」ではないでしょうか?
どのモデルが良いかというのはストックの性能やデザインの好みが関わります。

ストックの選び方 ポイント1 -長さを選ぶ-

ストック選びで一番大切なのは長さ選びです。
一般的に大人のスキーヤーですと身長の68-70%程度が目安になります。
ストックの場合は「このサイズでなければならない!」ということはありませんので、サイズは下記表を目安に 選定くだされば間違いありません。
悩む場合はカットして短くすることは可能ですので長めをセレクトしてください。

身長 ストックの長さの目安
150cm 102-105cm
155cm 105-110cm
160cm 107-113cm
165cm 113-117cm
170cm 115-120cm
175cm 117-123cm
180cm 120-125cm


上級スキーヤーはカービング(板がズレない)で体軸の内傾角度を深く保ったままターンすることができるため、上記目安より短めのストックを選ぶ場合もあります。(長いとストックが雪面に引っ掛かるため)

一般レジャースキーは上記数値間の長めを選べば間違いありません。
短めでも問題があるということはありませんが、ゲレンデの平らなところで前に進むため漕ぐことが多い初級~中級者は長めのほうが腰を曲げることも少なく楽になります。

ストックの選び方 ポイント2 -モデルを選ぶ-

最近ではカーボン製も比較的安価にて販売がされておりますので、一般レジャースキーヤーにもお勧めをいたします。 カーボン製でも5~8千円程度で軽量なストックが手に入ります。
カーボン製でも価格に差があるのは、その強度と軽さに差があるためです。

一般モデルで高価なものは上代で25000円程度、レーシングモデルでは35000円程度になります。(2018年現在)
これはレーシングモデルの方が軽いというわけではなく強度を高くする必要があるためです。

カーボン製で強度高めますと非常に高価になるため、レーシングモデルやフリーライド向けでは未だに強度の強いアルミ製が主流になっています。店頭で手に取って選ぶ場合は実際握ってスイングしてみてください。
「価格の割りに振りやすい!」「グリップがしっくり来る!」など感じることができるはずです。

スキーストック

子供用ストックの選び方

ストックを持った状態でヒジが上に軽く曲がる程度が適当です。
ヒジの角度が80°ぐらいが目安です。

お子様の場合は身長の70~73%を目安に長さの選定をします。
子供の場合は漕ぐことが多く、滑走中の体軸の内傾角度も浅いためです。


子供用スキーストック

現在登録されている商品はありません。