ジュニア 子供用スキーウェアの選び方

ジュニアスキーウェア選び方

子供用のウェアでは、成長を考慮してサイズ調整が可能な商品もあります。約20cmくらいの調整が可能です。
基本的には、デザイン重視でお子様のやる気を引き出してあげましょう。 ただ、できれば派手なウェアの方がスキー場では見つけやすいです。
景色と同化しそうな色は避けたほうがいいと思います。

■ ジュニアスキーウェア 耐水圧の選ぶ基準は?

ジュニアウェアの耐水圧

耐水圧は、10,000mmあれば問題はございません。
5,000mmでも通常のスキー場であれば大丈夫ですが、雨の日や湿った雪だと違いがでてきます。
そんな日は滑らないと割り切っているのであれば、5,000mmでも問題ないです。

■ 滑る前には

スキーウェアの撥水スプレー

スキーウェアを使用する前に必ずお尻や膝等のよく雪に触れる部分に撥水スプレーを噴射しておいたほうがいいです。

■ あったほうが良いスキーウェアの機能は?

子供用スキーウェアの機能

機能であったほうが良いのは、スノーガード。(ウェア内への雪の浸入を防ぐ)
ジャケットにパスケース・ICチップ入れが付いているほうが便利です。 (出来れば腕についてるほうが良い)
スキー場でリフト券ホルダーの販売もあるのですが、お子様だとトイレに行った時に落としたりする恐れがあります。
ウェアについているフードは、できれば着脱式が便利です。

スキーウェアの下には何を着させたらいいの?

子供用アンダーウェア

上下にアンダーウェアの着用をオススメします。
アンダーウェアは、GOLDWINやMIZUNOで発熱素材を使用したものも販売されており、ウェアの中に一枚着るだけでよかったり、 重ね着をしなくて済むので動きの妨げを感じず元気いっぱいスキーを楽しむことができます。
お昼ごはんや休憩でセンターハウスでウェアを脱いだ際に、自分の好きなアンダーウェアなら楽しくなりそうですね。

子供用アンダーウェア

寒さ対策をしましょう!

スキー場での寒さ対策

顔・首回りを完全防備するべし!
おでこと襟足が露出していると、体感温度がグンと下がってしまうのでしっかりカバーしましょう!
【帽子】
おでこから耳周りまですっぽり隠れるビーニーがおすすめ!
【ネックウォーマー】
防寒になるのはもちろん、首元から雪が侵入するのを防いでくれるマフラーは必須!
ニット素材は雪ダマになりやすいです。フリースのような素材を選ぶのが◎!
巻くタイプの長いものは事故が心配なので、上から被れるネックウォーマーがおすすめ♪

子供用ニット帽

手袋は特に防水性の高いものを選ぶのがオススメ

子供用グローブの選び方

手袋は防水に優れた素材を選ぼう。
厚手の手袋は、万が一転んだ時でもケガの防止になります。 小さな子どもさんは5本指よりミトンの方が装着しやすく 暖かいのでおすすめ!
  小さなお子様の場合、グローブがしっかりと入っておらずいつの間にか紛失することがございます。 キッズ用で、グローブの紛失防止のためにグローブホルダーが付いてる商品もあります。
ソリ、雪だるまや、雪合戦、かまくら作り等がメインであれば、2つ用意しておいたほうがいいです。 手をずっと使う遊びだと、その分手から汗が多く出るためグローブが蒸れてきます。

子供用グローブ



現在登録されている商品はありません。